セントジェームスのボーダーTシャツ通販|CALM GREEN


HOME ITEM LINEUP SIZE TABLE SHOPPING GUIDE SHOP INFO LINK CART VIEW CONTACT

 

 


 

 

新規メンバー登録


 

マイページログイン

ログインはこちらから。



 

 

携帯ページ

HOME»  LADY'S ITEM»  ザンター/ZANTER レディース コンパクトダウンジャケット アデア ネイビー(1638/ADARE)

ザンター/ZANTER レディース コンパクトダウンジャケット アデア ネイビー(1638/ADARE)


 
*すっきりシルエット
*首元も寒さからガード


 








  • ザンター/ZANTER レディース コンパクトダウンジャケット アデア ネイビー(1638/ADARE)

  • 型番・品番

    1638ADARE

  • 販売価格

    58,300円(税込)

  • ポイント還元1%
  • サイズ

  • 購入数

カートに入れる(大)

  •  
    充填される羽毛は800フィルパワーの国内精毛ダウン。一般的に600~700フィルパワーのものが良質ダウン,700以上のものは高品質ダウンと呼ばれます。
    身体からの赤外線を吸収し高い蓄熱機能を発揮する軽量蓄熱保温コーティング織物
    発汗によるウェア内のムレを防ぐ防水・透湿性素材「デルフィ®」を使用
    裏地にはナノテク技術の消臭・抗菌メッシュ素材「MOFF®」を使用


    ■ブランド紹介
    日本で初めてダウンジャケットを作ったブランド『ザンタージャパン』
    ザンタージャパンは、60年にも渡り南極観測隊へダウンウェアを供給し続ける経験と信頼厚きブランド。供給は現在進行形。1951年日本がまだ戦後まもなく占領下にあった頃、復興の歴史を刻み始めるのと時を同じくして、国内で最初のダウンウェアメーカーとして誕生。ブランド名のザンターとは「山を登る人」をイメージして名づけられました。
    「余暇を楽しむ余裕などない時代においても、軽く暖かい本格的な登山服をわれわれ日本人の手で作りたい」という強い想いが込められています。一貫して国内作業に拘った日本製。神奈川県の自社工場、及び国内の提携工場で熟練の職人の手によって一着一着生み出されている逸品。ダウンの精毛技術の高さから必要以上にダウンを充填しなくても十分な保温性と膨らみが出ます。それによって重い生地を使っても全体の重量は一般的なモノよりも軽く仕上げることが出来るのも特徴の一つ。ザンターというブランドは長きに渡り高い精毛技術により羽毛布団を作り続けている東洋羽毛工場株式会社のウェア部門として発足したのが始まりです。


    ◆素材・色・生地

    表地 : ポリエステル100%
    裏地 : ポリエステル100%
    中綿 : ダウン90% フェザー10%
    col,オリーブ/ネイビー
    made in japan
    BRAND:COLOBANTHUS QUITENSIS BY ZANTER JAPAN / ザンタージャパン
    No,1638 ADARE

    ◆サイズ

    サイズ
    38 着丈58cm バスト100cm 肩幅40cm 袖丈62cm 裄丈82.0cm 羽毛量93g
    40 着丈60cm バスト106cm 肩幅41cm 袖丈63cm 裄丈83.5cm 羽毛量98g

     

  • 日本の南極観測基地ドームふじ基地

    ◆ZANTER/ザンター 経験と実績
    ザンターは、現東洋羽毛工業株式会社のウェア部門(ザンター部)として、国内初の登山用ダウン防寒着やダウンシュラフ(寝袋)の開発を皮切りに発足しました。1956年から現在まで、日本の南極観測隊へダウンウェアを納入しています。1976年からは、街着としてのダウンウェアにいち早く着目し、婦人・紳士ブランドを設立、現在まで日本のダウンウェアのパイオニアとして、誠実な製品づくりを続けています。また、その経験と実績を信頼していただき、長年多くの国内ブランドの生産にたずさわっています。




    ◆品質と技術(良質の羽毛)
    ダウンとは、水鳥の胸や腹部の内側に生えている、タンポポの綿毛のような羽毛です。写真のような一つ一つの羽毛を「ダウンボール」といいます。この「ダウンボール」が大きい程、たくさんの空気を取り込むことができ、保温力が高まります。市販されているダックダウンのウェアの多くは食肉用に飼育された中ヒナ(生後45日前後)の羽毛が使用されています。なぜなら中ヒナは肉質が柔らかく美味しいので、食用に最適であり、羽毛はその副産物だからです。しかし、その羽毛は発育途中である場合が多いのです。ザンターが主に使用している羽毛は、現地農家が田植え後にヒナ鳥を田んぼに放し、雑草や害虫を食べさせ、成鳥になるまで広大な田んぼの中を自由に動き回らせる自然飼育の環境下で、のびのびと大きく育った生後90日以上のダックから採取しています。つまり、ザンターが使用している主なダウンは、羽枝が密生し、ダウンボールが大きいため、型崩れが少なく、空気をたくさん取り込むことができる、保温性・反発性・耐久性に優れた羽毛なのです。



    東洋羽毛工業(株)白河工場の羽毛分離機

    ◆高い精毛技術
    水鳥より採取した原毛から不純物を取り除き、洗浄、殺菌等をすることを精毛といいます。ダウンの品質は、精毛技術によっても左右されます。ザンターが主に使用するダウンは、60年にわたり羽毛布団を製造してきた東洋羽毛工業株式会社が精毛する、高品質な羽毛です。国内工場の最新の機械、技術を使い、羽毛の品質を高めています。 高い技術で精毛することにより、保温力・衛生度・反発性・耐久性に優れたダウンが誕生するのです。



    1955年 マナスル遠征隊 装備品

    ザンターの歴史は日本のダウンウェアーの歴史
    1951年-日本がまだ戦後まもなく占領下にあったその頃。復興の歴史を刻み始めるのと時を同じくして、国内で最初のダウンウェアが誕生しました。
    ブランドの名前は『ザンター』。山を登る人、をイメージして名付けられました。

    ◆商品ごとに多少のサイズの誤差がある場合がございます、あらかじめご了承ください。またサイズについてご心配な方は必ずご注文の前にお問い合わせ下さい。

    ◆商品の色合いはモニターの具合により実際の物と若干異なる場合もございますのでご了承ください。

    ◆お客様のご都合による返品・交換はお断りしております。商品のデザイン、サイズ、カラーを良くご確認のうえご注文下さい。